猫の肉と福祉の話ですが

ランシドの良さがやっと理解出来た自分でしたが、
この時って、ハイスタなどが流行った頃だったと思います。当時、ハイスタってさっぱりわからず、何が面白いのかよくわかっていなかったのですが、周りは良いとよく話していましたね。
まあ聞いているのは古い時代のランシドの音楽ですが。

で、この辺の恰好を見ていると、当時を思いだして、もう15年前と思ってびっくりしてしまいますね。
一体、何歳くらい時間がかかって自分が成長したのだろうと思うくらい、年を取ったのだと思いました。
これは困った、何かの歌にあった通りで、気が付いたらもう60歳くらいになってしまうという事ですね。
それはまずいという事で、何かをしようと思ったのですが、取りあえず最善をつくそうと思った次第です。
まず、自分に言い訳をつけないというのも一つの理由になっています。
次に、ちゃんと外働きをしようとも思いました、
福祉関係はまだ需要がありまくるので、全然いけると思います。

猫の肉を食べたいのですが、なんせ、まだ母ちゃん猫、身ごもりましたからね。
生んで食べるの繰り返しが良いかと思いますが。